エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
Top

 
長友啓典
Keisuke Nagatomo
--------------------
1939年大阪生まれ。1964年桑沢デザイン研究所卒業。日本デザインセンター入社。1969年黒田征太郎とK2設立。
エディトリアル、各種広告、企業CI、及びイベント会場構成のアートディレクションを手がけるほか、多数の小説に挿絵、エッセイ連載など、現在に至る。
日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問
、東京造形大学客員教授




Translation to English

--------------------
装丁問答イッキ読み
--------------------


「PIKADON」
衣食住をテーマにイノチのことを考えます。




お友達ブログ
山村幸広さん
南川三治郎さん
勝手にロワイヤル!!
宮澤正明さん
貫場幸英さん

お友達ホームページ
新正卓さん
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 458 )   > この月の画像一覧
晩飯
c0009877_23463936.jpg

カリフォルニア産のワインと聞きましたが、リーズナブルでなかなかいけました。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 23:46
晩飯
c0009877_22503758.jpg

「ナシゴレン」こと焼き飯。とりの手羽に玉子がのっかている。アジヤの魚醤を、まぶして頂くと美味しさ倍増。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 22:50
晩飯
c0009877_2248491.jpg

デザートはパムプキンの焼きプリンときました、初めての味覚に満喫、若い二人に感謝。又連れてきてください。こんどは僕がご馳走しますさかい。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 22:48
装丁問答.17 
c0009877_15551919.jpg

この文章は「あとん」の5月号に掲載されたものです。東京タワーが、例の事件でお蔵入りになりそうなのが残念です、折角久世さんの意志を継いで完成したのにねぇ。

装丁問答.17 名文家の久世さん。


久世光彦さんが亡くなって二ヶ月になる。突然の事だったのでいまだに連載中の締切りが迫ってくると久世さんから電話が入りそうな気がする。「トモさん、あれはこういうことだから、こんな絵が良いね……」。作家の方から直接そういう電話が入るのは伊集院さんくらいだ。「トモさんゴメン、今月も書けなかった。一回お休みください……」といわれている時もある。

久世さんと知り合った頃、こんな楽しいエピソードがある。山本周五郎賞を受賞されたパーティの二次会が、今はなくなったが六本木のインゴという皆が集まる酒場で行われた。それを祝う参加者で店はあふれていた。
宴もたけなわの頃、一人の老人が現れ、久世さんの隣に座られ話をされていた。そのお姿のあまりの貫禄に「あの人だれ?」と皆がなんとなく気になりはじめた頃、小林薫さんと人形作家で役者の四谷シモンさんの会話をちょっと耳にした。
「あのご老人、山本さんと皆が呼んでいるけど……」「そうか、あの人が久世さんに賞を与えた山本周五郎さんに違いない」と言っているではありませんか。僕があっけにとられながら「違うぞぉ」とお二人に言う暇もなく、山本さんと久世さんの会話をさえぎるかのように「久世に賞を下さり本当にありがとうございます」と二人は挨拶しはじめるではありませんか。
山本さんも久世さんも一瞬「何事か?」と固まられ、何秒かして事の成り行きを理解し、大笑いされた事を思い出す。

そのご老人は、「昭和」の事をこよなく愛されている久世さんが最も尊敬されている山本夏彦さんだったからだ。小林薫も四谷シモンも本気でそう言ったのか、洒落だったのか、いまだに僕は解らないが、山本翁も山本周五郎さんに間違えられたことはまんざらでもないようで、苦笑いされていた。
久世さんはと見てみれば、あまりのバカバカしさに両切ピースの煙をため息混じりに思いっきり吐き出されていた。

久世さん、開高健さんの世代の人達はやたら読書家が多い。バケツいっぱいに「何貫目の本読んだ」と友達と話し合っていた事を聞いた事がある。
私がこれまで読んだ本なんか高が知れていると久世さんは謙遜されているが、本当は大変な読書家で書評の数も多い。
『美の死』「ぼくの感傷的読書」というサブタイトルの本が筑摩書房から出ている。そのあとがきに「一冊の本を読むことは一人の女と寝ることに似ている」という文章がある。
当たり外れは世の常と思えば気楽だが、結局のところ女は寝てみなければわからない、という久世さんらしい読書の勧めがある。なるほどである。
c0009877_1554449.jpg
その久世さんが亡くなる直前に書かれた『どうで死ぬ身の一踊り』の帯の最終行に「……何はともあれ、欺されたと思って読んでもらいたい。あまりに暗くて、惨めで、だから可笑しくて、稲光が目の前に閃く」とある。僕だけかも知れないが、久世さんのこの帯を目にしたとたん、もうこの本の世界に突入した。
カバーの題字、表紙の絵、見返しの模様、扉の文字と続くすさまじい迫力は、この小説にはこの装丁でしかないだろうと思われるものだ。大正時代に作られた『根津權現裏』装幀・広川松五郎、題字・高村光太郎とある。装幀の題字も藤澤の集字とある。どこまでもこだわりを見せている。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 15:59 | 装丁問答
ランチ
c0009877_13241017.jpg

月曜日は渋谷の「アートン」に終日いる。お昼は皆なと「ス-ぺ」のお弁当を頂く、本日のメニューは「豚キムチ弁当」です。エゴマの葉ご飯に豚キムチがよく合う.スープがついてくるがこれだけでも、お金を払っても良い程の代物だ。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 13:24
ランチ
c0009877_1319272.jpg

このエゴマの葉でおにぎりにすると美味しいんですよ。豚キムチと合わせると抜群のスタミナ食となります。

「スーペ」頑張れ、フレー フレー「スーペ」。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 13:19
アササン
c0009877_1333532.jpg

今日のアササンは湿度がなく、すこぶる快適、歩く歩調もスムースに運ぶ。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 13:03
アササン
c0009877_12585990.jpg

いよいよ梅雨も明け、夏到来と言う感じですなぁ。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 12:58
アササン
c0009877_12564541.jpg

ナントカ揚げは蝶も夏の雰囲気を演出してくれています。陽水さんの少年時代を思い出します。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 12:56
アササン
c0009877_12471955.jpg

昨日、一昨日、激歩きの反動か、あまりその気じゃぁなかったんだけど、外に出て歩いて見ると凄く快適な空気感なので、つい乗ってしまう。
[PR]
by k2-d | 2006-07-31 12:47
Copyright © 1969-2008 K2. All Rights Reserved.
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム